開く いまむら眼科
MOMOテラス2F
いまむら眼科

緑内障レーザー治療

MOMOテラス2F

075-621-6611

緑内障レーザー治療

緑内障レーザー治療Glaucoma laser treatment

緑内障について

神経がおかされ(緑内障性視神経症)視野が欠けてしまう病気です。白内障と並んで中高年の代表的な眼の病気で、最近の大規模な調査では、中高年の20人に1人が何らかの緑内障をもっていることが予測されています。

自覚症状が少ないため、多くの人たちが緑内障と気づかないことが多く、40歳を過ぎたら一度眼科で診察をうけることをおすすめします。人間ドック等の健康診断で視神経乳頭の異常(視神経乳頭陥凹拡大)でみつかることもあります。

緑内障について

緑内障の治療について

緑内障は、完全に治療する方法はなく、眼圧を低く抑えることによって病気の進行を遅らせることができます。治療方法としては「薬物療法」「レーザー治療」「手術療法」があります。薬物治療などでは充分に眼圧が下がらず病気が進行する場合は、眼圧を下げる手術を行います。

①レーザー治療

当院は、緑内障へのレーザー治療に力をいれています。

原発閉塞隅角緑内障

急性緑内障発作を起こした場合や発作を起こす可能性の高い眼に、レーザー光線で虹彩を切開する「レーザー虹彩切開術」を行い、新たに房水の通り道を作る方法です。

原発開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障

房水の出口である線維柱帯にレーザー光線を照射して房水の排出を促進し眼圧を下げる方法です。 いずれも短時間で終了し、手術前後の日常生活の制限もほとんどありません。

②観血的手術

緑内障手術は、局所麻酔で行われるため、身体への負担も少なく、痛みもほとんどありません。 病気の進行状況や緑内障のタイプ等により、様々な手術方法があります。

  • 線維柱帯切開術
  • 隅角癒着解離術

レーザー治療のメリット

短時間の治療で痛みもほとんどない

実質的な治療時間は5〜10分程度と短時間で痛みもほとんどありません。
治療後もほぼ通常の日常生活を送っていただけますので患者様へのご負担も最小限に抑えることができます。

一度の治療でしばらく効果が続く

一度レーザー治療を行うとしばらくの間(半年~数年)眼圧が低い状態が続くため、点眼のようにつけ忘れにより眼圧が高い状態になってしまうということがありません。また、繰り返しレーザーを打つことができることもメリットです。

副作用がほとんどない

副作用がほとんどないため、様々な人に治療が可能です。

また、その他、網膜疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症など)に対してもレーザー治療を行なっています。症状の進行を抑えたり、停止させたりすることが可能です。

費用について

一般的な場合は、保険診療にて手術可能です。病気の度合いや治療方法により異なります。詳細は診療時にご説明させていただきます。