開く いまむら眼科
MOMOテラス2F
いまむら眼科

目の病気について:アレルギー性結膜炎

MOMOテラス2F

075-621-6611

目の病気について

目の病気についてEye disease

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは?
目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。症状は主に目と鼻に現れます。
花粉などが原因の、特定の季節にのみ症状があらわれるものを季節性アレルギー性結膜炎といい、一年中症状がみられるものは、通年性アレルギー性結膜炎といいます。重症のものでは、子どもに多くみられる春季カタル、ソフトコンタクトレンズを使っている人にみられる巨大乳頭結膜炎などがあります。
症状
・一般的な症状
目のかゆみ・充血・涙目・異物感などがあり、目の周りやまぶたがはれることもあります。
目以外の症状として、くしゃみ・鼻汁・頭痛・咳などがあります。
治療
目の症状・鼻炎症状には、目薬・飲み薬・点鼻薬等で治療をします。

アレルギー性結膜炎のなかでも、花粉などが原因のアレルギー症状の場合には、症状が出る前、花粉飛散時期の約2週間前から、抗アレルギー点眼薬による治療を始めることで、花粉飛散ピーク時の症状が軽くすることが可能です。毎年花粉症がひどい場合は、症状があらわれる前に眼科を受診することをおすすめします。
対策
アレルギー性結膜炎の対策のポイントは、日常生活でできるだけアレルゲンに触れないことです。

アレルゲン(花粉・ハウスダスト等)が目に入ったときには、防腐剤フリーの洗眼薬で洗いましょう。

花粉対策まめ知識
・眼鏡やマスクの着用が効果的です。
・目を洗うと傷をつけてしまう恐れがあるため、人口涙液等の点眼が有効。
・花粉が大量に飛ぶ日は洗濯物を部屋に干す。
・外から帰宅した際は衣服についた花粉を十分落としてからお家に入る。