開く いまむら眼科
MOMOテラス2F
いまむら眼科

目の病気について:ドライアイ

MOMOテラス2F

075-621-6611

目の病気について

目の病気についてEye disease

ドライアイ

ドライアイとは?
涙の分泌量の減少や、涙の質の低下により、目の表面を潤す力が低下した状態をドライアイと呼びます。

近年ではパソコンやスマートフォンの普及に伴い、患者様も増加傾向にあり、日本では約2000万人いると考えられています。
目の乾燥感だけでなく、異物感・目の痛み・まぶしさ・目の疲れなど、多彩な慢性の目の不快感を生じます。

症状
◎目が乾いた感じがする
◎目がゴロゴロする
◎ものが霞んで見える
◎目が疲れる
原因
「最近、よく目が疲れる・・・」そんなことはありませんか?

パソコンやテレビ、携帯電話の画面などを見続ける生活により、知らず知らずのうちに目を酷使してしまっているのです。その結果、目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快を感じるという人が増えています。
こうした疲れ目などの原因として最近注目されているのが目の乾き、ドライアイです。

◎コンタクトレンズを使用している方
◎パソコンを長時間使う方
◎エアコンを長時間利用する方
◎屈折矯正手術(LASIK)をした方
◎ご高齢の方
治療
ドライアイは眼科での適切な診断と治療が必要な病気です。
ドライアイは、様々な要因により涙が不安定になる疾患で、目の不快感や視機能の異常を生じ、目の表面に傷を伴うことがあります。

◎点眼薬による治療
ドライアイ治療の基本は点眼薬による治療です。 患者様お一人お一人の症状に応じて使用すべき点眼薬を決めていきます。

◎涙点プラグ
目の表面の涙は目がしらにある涙点という穴から、涙道を通って鼻の奥へと抜けていきます。余分な涙が下水管を通って排出されていくシステムなのですが、その涙点をプラグというもので埋めると、目の表面に涙が溜まりやすくなり、「乾く」という症状は大幅に改善させることができます。